フワッペンプロジェクト

試作開始

試作開始

ようやく、試作品作りのスタートです。  まずは、型を起こします。   型を起こすというのは、イラストデータを織物として織れるように設計図を作る作業のことをいいます。       型が完成したら、次は、製織。 国内最大級のジャガード織機を使って織りあげます。     音の迫力がすごい!!高速で織りあげていきます!!     ずらーっと一面に並ぶフワッペン。   裏側もかわいいんですよ♪     糸はこのように織機の横にセットします。       糸の吸い込まれていくスピードから、高速で織りあげられていることを実感しますね。 今回は8色の糸を使用。カラフルでかわいい☆ 実は、レピア織機には、12色使用できるものも!お守りなどキャラクターを使用したデザインや、グラデーションを表現するときなんかは、12色使用します。デザインの幅が広がりますね!   そうそう、 実は、この色鮮やかな色、皆様が飲まれた後の使用済みペットボトルから再生された、再生ポリエステル糸なんです。福井の未来をテーマにしたワッペンですからね。 そして、これは、【捨て耳】と呼ばれる、その名の通り、捨てる部分。...

試作開始

ようやく、試作品作りのスタートです。  まずは、型を起こします。   型を起こすというのは、イラストデータを織物として織れるように設計図を作る作業のことをいいます。       型が完成したら、次は、製織。 国内最大級のジャガード織機を使って織りあげます。     音の迫力がすごい!!高速で織りあげていきます!!     ずらーっと一面に並ぶフワッペン。   裏側もかわいいんですよ♪     糸はこのように織機の横にセットします。       糸の吸い込まれていくスピードから、高速で織りあげられていることを実感しますね。 今回は8色の糸を使用。カラフルでかわいい☆ 実は、レピア織機には、12色使用できるものも!お守りなどキャラクターを使用したデザインや、グラデーションを表現するときなんかは、12色使用します。デザインの幅が広がりますね!   そうそう、 実は、この色鮮やかな色、皆様が飲まれた後の使用済みペットボトルから再生された、再生ポリエステル糸なんです。福井の未来をテーマにしたワッペンですからね。 そして、これは、【捨て耳】と呼ばれる、その名の通り、捨てる部分。...

デザイン決定

デザイン決定

デザインをお願いしたuramabuta様に色々ヒアリング頂いた1ヶ月後・・・ 新商品の企画をご提案頂きました!福井をキーワードに展開する方向で決定!!福井といえば〇〇をたくさん集めて、お二人に。 その後、『福井』をキーワードに数カ月かけてデザインしてもらい、方向性が決定! となりかけたときに、とても心苦しい決断ではありましたが、別方向に進むことになりました…この時にご提案いただいたデザインもとてもかわいく、福井らしさ満点のものでした。本当に苦渋の決断でした( ノД`) 商品開発は一筋縄ではいきませんね…   再度、テーマや、ターゲット、方向性を練り直し、再度デザインをしていただきました。ここまで約半年、ようやくデザインの決定です。新商品の道のりはまだまだこれから。試作品作りのスタートです。   つづく

デザイン決定

デザインをお願いしたuramabuta様に色々ヒアリング頂いた1ヶ月後・・・ 新商品の企画をご提案頂きました!福井をキーワードに展開する方向で決定!!福井といえば〇〇をたくさん集めて、お二人に。 その後、『福井』をキーワードに数カ月かけてデザインしてもらい、方向性が決定! となりかけたときに、とても心苦しい決断ではありましたが、別方向に進むことになりました…この時にご提案いただいたデザインもとてもかわいく、福井らしさ満点のものでした。本当に苦渋の決断でした( ノД`) 商品開発は一筋縄ではいきませんね…   再度、テーマや、ターゲット、方向性を練り直し、再度デザインをしていただきました。ここまで約半年、ようやくデザインの決定です。新商品の道のりはまだまだこれから。試作品作りのスタートです。   つづく

uramabutaさま

uramabutaさま

一緒に作品を作り上げてくださるパートナーを探すことに。 その作品というのが、今回発売されたこの『フワッペン』 織物でできたかわいいワッペン、それは私たちがずっと作りたいと思っていたものでした。この時点では、かわいいひらがなのワッペンを作りたいという、フワっとしたイメージしかありませんでした。 県内外問わず、デザイナーさんやイラストレーターさん、SNSを駆使してリサーチを開始! リサーチを進める中で、ビビビとくる出会いがありました!作品がかわいいのはもちろん、この方と一緒につくりあげていきたい、一緒に福井を盛り上げてくれそう!と感じました。それが、uramabutaのお二人です。福井県内在住のイラストレーターさんでした。 https://www.uramabuta.com/ キッカケとなった作品は、こちら。福井県にある金津創作の森美術館さまの展示です。福井のアニメーション「FUKUI POP」福井県の明るい未来を彷彿させるドキドキワクワクしちゃうアニメーション!    ダメもとでお声がけさせていただいたのですが、 なんと、ぜひお話しを!というお返事をいただき、あの時は、思わず、やった!!と声をあげて喜んだのを覚えています。 工場内の見学や、私たちが作りたいイメージ、大事にしていることをヒアリングしていただき、デザインを考えてもらうことに!   つづく

uramabutaさま

一緒に作品を作り上げてくださるパートナーを探すことに。 その作品というのが、今回発売されたこの『フワッペン』 織物でできたかわいいワッペン、それは私たちがずっと作りたいと思っていたものでした。この時点では、かわいいひらがなのワッペンを作りたいという、フワっとしたイメージしかありませんでした。 県内外問わず、デザイナーさんやイラストレーターさん、SNSを駆使してリサーチを開始! リサーチを進める中で、ビビビとくる出会いがありました!作品がかわいいのはもちろん、この方と一緒につくりあげていきたい、一緒に福井を盛り上げてくれそう!と感じました。それが、uramabutaのお二人です。福井県内在住のイラストレーターさんでした。 https://www.uramabuta.com/ キッカケとなった作品は、こちら。福井県にある金津創作の森美術館さまの展示です。福井のアニメーション「FUKUI POP」福井県の明るい未来を彷彿させるドキドキワクワクしちゃうアニメーション!    ダメもとでお声がけさせていただいたのですが、 なんと、ぜひお話しを!というお返事をいただき、あの時は、思わず、やった!!と声をあげて喜んだのを覚えています。 工場内の見学や、私たちが作りたいイメージ、大事にしていることをヒアリングしていただき、デザインを考えてもらうことに!   つづく

はじめまして!

はじめまして!

はじめまして!福井県の細巾織物工場の松川レピヤンです! 新ブランド フワッペンのサイトにお越しいただきありがとうございます。 私たちは、アパレルの看板でもある織ネーム(洋服タグ)やリボン、そして御守袋などを提供している企業です。 1925年創業、伝統技術と若きアイデアで、ブランドタグの枠を飛び越えた様々な織物製品を開発しております。     わたしたちが身を置く丸岡町は、なんと、織ネーム生産数 日本一の町! 当社では業界でもトップクラスの技術力を保有しています。 「織ネーム」では難しいとされていた、細かい文字や絵柄も、当社独自の特殊経糸、現代の最新設備により表現可能。     「越前織」それは様々な技術が織り成す伝統の織り技術。 わたしたちは、「越前織を全国へ」という目標を掲げながら 越前織の普及のために、その織技術を生かし、これまで様々な商品を開発してきました。 実は、私たち松川レピヤンは、「高密度・超高密度織」が出来る地味に凄い会社なんです☆ お守り、ネックストラップ、バッジにキーホルダー、最近ではマスクや、世界の名画をミニチュアサイズにおとしこんだマグネット。 織物でできるもの、織物で表現したらかわいいだろうというもの、色々作ってきました。   ミニチュアのマグネットは、絵画の部分が織物ということを伝えると、皆様驚き、とても感心してくださります。        これまで作ってきた製品はこちらからご覧いただけます♪ https://orien.theshop.jp/  これまでは、デザインから制作・販売まで、自社で完結してきました。しかし、新たなステージに登るためにも、一緒にひとつの作品を作り上げていけそうなパートナーを探すことに! つづく

はじめまして!

はじめまして!福井県の細巾織物工場の松川レピヤンです! 新ブランド フワッペンのサイトにお越しいただきありがとうございます。 私たちは、アパレルの看板でもある織ネーム(洋服タグ)やリボン、そして御守袋などを提供している企業です。 1925年創業、伝統技術と若きアイデアで、ブランドタグの枠を飛び越えた様々な織物製品を開発しております。     わたしたちが身を置く丸岡町は、なんと、織ネーム生産数 日本一の町! 当社では業界でもトップクラスの技術力を保有しています。 「織ネーム」では難しいとされていた、細かい文字や絵柄も、当社独自の特殊経糸、現代の最新設備により表現可能。     「越前織」それは様々な技術が織り成す伝統の織り技術。 わたしたちは、「越前織を全国へ」という目標を掲げながら 越前織の普及のために、その織技術を生かし、これまで様々な商品を開発してきました。 実は、私たち松川レピヤンは、「高密度・超高密度織」が出来る地味に凄い会社なんです☆ お守り、ネックストラップ、バッジにキーホルダー、最近ではマスクや、世界の名画をミニチュアサイズにおとしこんだマグネット。 織物でできるもの、織物で表現したらかわいいだろうというもの、色々作ってきました。   ミニチュアのマグネットは、絵画の部分が織物ということを伝えると、皆様驚き、とても感心してくださります。        これまで作ってきた製品はこちらからご覧いただけます♪ https://orien.theshop.jp/  これまでは、デザインから制作・販売まで、自社で完結してきました。しかし、新たなステージに登るためにも、一緒にひとつの作品を作り上げていけそうなパートナーを探すことに! つづく

INSTAGRAM